戸田工務店が建てる家

Toda's Designのつくる家。。。

Toda's Designの『ヨーロッパ漆喰・やさしい壁の家』

Den

東大池のお家の2Fにあるオーダーメイドの

アイアンのフェンスがDENスペースを彩っています♪

ヨーロッパ漆喰の家と相性のいいアイアン製品

もちろんお家の中のあちらこちらにもあって

Japanese_style_room

和室スペースのスタディ・コーナーや

Kitchen

キッチンの吊り棚にも採用されています♡

その他にも階段の手すりやタオル掛け、

トイレのペーパーホルダーなどの小物たちも

漆喰の家に彩りを添えてくれています(*^-^*)

私たちが今、想い描いているベストなカタチを

私たちのチカラでつくりあげていくこと。。。

それは、とても楽しい作業で、やりがいのある仕事です!

想いを込めて建てたお家。。。

これがToda's Designのつくる家です(#^-^#)

大切に住んでいただけることを願ってやみません☆

|

『照明器具』選び。。。

久しぶりに『照明器具』のお話しを。。。

私たちがつくっているお家には、いつもたくさんの

『照明器具』が使われています。

基本的には、居室以外の照明器具はすべて

ご予算の中に入っているので私たちが取引きしている

メーカーさんより、お客さまのイメージに合うものを

選んでいただいています(*^-^*)

メインとなる照明器具と合わせてダウンライトと呼ばれる

天井に埋め込まれたタイプのものまで

その種類と取付け位置をお考えいただきます。

照明器具の種類といっても「シャンデリア」「ペンダントライト」

「ブラケット」「スポットライト」「ダウンライト」など

たくさんあります。その中から取り付ける場所に

合ったものを探すのは、とても大変な作業になりますが

私たちがお手伝いさせていただきますのでどうぞご安心ください♡

小さいけれど、とても存在感のある照明器具たちは

お部屋の印象を大きく左右する名わき役です!

Light

見ているだけでココロがほっこりしたり。。。癒されたり。。。

毎日の暮らしが、ますます豊かになるように

一緒に楽しく選んでいきましょう(#^-^#)

今日は、【広陵町3丁目の家】の照明器具取付の日です!

私たちが選んだ照明が、どんな灯りを燈すのか楽しみです♪

|

MADE IN FRANCE。。。

Koryo3

【広陵町3丁目の家】の足場がはずれました!

造作で仕上げた木製のよろい戸や下屋を支える頬杖が

アクセントになっていて、とってもいい感じに仕上がっています。

今回の『ヨーロッパ漆喰の家』は、床材にもこだわっていて

フランス産のボルドーパインを使用しています(*^-^)b

Bordeaux_pine_1

現場は、まだ養生がかけてあるので画像を

お見せすることができないのが残念なのですが

自然塗料のアンティークブラウンで塗られた

幅広の無垢床は、新しいのになぜか懐かしく感じるような

味わいのある床になりました!

これが塗布する前のボルドーパインです↓

Bordeaux_pine_2

パイン材の中でもボルドーパインは野趣を感じるような

はっきりとした節目が特徴です。

幅広で厚みのある一枚板は、やはり存在感が違いますよね!

木は成長する間に寒い冬や暑い夏を越えて

年輪をつくっていき、それが「木目」になります。

その幹から生えた小さな枝を枝打ちすることで

「節」ができるのです。

木目や節は、この木が生きてきた証拠なんですよね(*^-^*)

時が育ててきた世界にたったひとつしかない無垢の木を

肌で感じながら暮らせること。。。本当に羨ましいです(^m^)

フランス産のボルドーパインに憧れているわたしです♡

|

electrical engineer。。。

お家を建てる時に必ずと言っていいほど皆さんが

迷われることがらの中にスイッチやコンセント類の

設置位置やその種類があります。

Switch1

取付け位置はもちろん1ヶ所で点けたり消したりするのか

2ヶ所(例えば階段の上下や廊下の端と端など)にするのかなど

これがなかなか判断に困ることも多いようで。。。

生活していれば使い勝手ですぐにわかることが

図面だけの状態で判断するのは本当に難しいと思います。

何度も家を建てている私たちでも毎回、図面の中を

歩きながら想像し考えています(^-^;

最近ではスイッチやコンセントの種類も

いろいろと選べるようになりましたね!

便利さだけでなくお洒落なカタチも増えてきました。

戸田工務店がよく使っているこちらのスイッチ↓

Cimg7361

アメリカンスイッチと呼ばれるもので

なんとなくレトロな感じの風貌が真っ白な漆喰壁とも

相性がいいので、とても人気があります(*^-^)b

他にも5連や6連タイプのもの

Switch3

コンセントと一緒になったものなど

Socket1_2

選べる種類が多いのも魅力ですね♪

ただ全てのスイッチ類をこちらに変えてしまうと

お値段もそれなりにアップしてしまうのでよく使う箇所や

目立つところだけを変えるというのもお奨めです(*^-^*)

あと最近のヒットはコチラのタイプ↓

Socket2

画像が小さくてわかりにくいのですが

なんとUSBの差込口がついているコンセントなんです!

スマホやタブレットが生活の中に欠かせない時代の今

こんなコンセントがあれば本当に便利ですよね(#^-^#)

わが家でも家族4人でスマホが4台にタブレットが2台

i-Podが4台とUSBが常に飢餓状態┐(´ー`)┌

できることならUSBだけのコンセントが欲しいくらいです(笑)

先月、お引渡しをさせていただいたN様邸にも

こちらのコンセントをご提案させていただきました。

Scket3

書斎と家事机の上に設置しています。

便利に使っていただけてると嬉しいですね(*^-^*)

戸田工務店では現場監督も電気工事士の免許を

持っていますので、電気のこともお気軽にご相談くださいね♪

【 electrical engineer : 電気工事士 】

|

presentaton。。。

今週、無事に【東大池3丁目の家】の足場が外れ

真っ白なヨーロッパ漆喰の外壁がお披露目しました!

Higashiooike

足場が取れると、太陽の光を浴びて

漆喰の白さがより感じられるんですよね(*^-^*)

青空に白い壁が映えてとても美しいです!

今月も恒例の研修会へ社長が出向き

同じヨーロッパ漆喰の家を創っている仲間たちの

お家を見学させていただきました。

Institute

たくさんの学びやひらめきを得て帰ってきた社長。

次は、どんな家を創っていこうかと

サクラの季節に負けないくらい社内でも

話に花が咲いています(*^ー^)

来月は、いよいよ【広陵町3丁目の家】の着工です!

素敵な家になるようにアイデアを

いっぱい詰め込んで創っていきますね♪

【 presentation : 披露 】

|

アイアン工房より。。。

待ちに待っていたアイアン製品が

製作をお願いしている工房さんから

ぞくぞくと事務所に届いてきました(^-^)/

ヨーロッパ漆喰と自然素材を取り入れた戸田工務店の

お家にはアイアン製品がよく似合います♡

階段の手すりやフェンスはもちろん、

Iron_3

Iron_2

タオル掛けや造作した棚の落下防止のバー、

Iron_4

外壁に付ける花台や妻飾りなどなど

Iron_5

どれもステキで取り付けるのが本当に楽しみです♪


オーダーしてから製作していただくので出来上がるまで

約1ヶ月~2ヶ月の製作期間がかかってしまいますが、

取り付けるとこんなにお家の表情が変わるのですから

待っている時間もワクワクしますp(^-^)q

一度にたくさん届いたので、

どこのお家にどれをつけるのか

間違えないようにしなくてはいけませんね(笑)

Iron_6

現場監督がしっかりしているので

そんな心配は無用なのですが。。。

老婆心をお許しくださいませ(笑)



|

完成見学会を開催します。。。

今日は、いよいよ【星和台3丁目の家】の

完成見学会です!

Open_house2

無事に準備も整ったので、あとは午後1時からの

開催をドキドキしながら待ってます。

毎回のことですが見学会の前は本当に緊張します。

ココロを込めて創っているからこそ

たくさんの方に見ていただきたいですし

お越しいただけたお客さまに戸田工務店の家創りの想いを

ちゃんとお伝えできるのか心配になります(^-^;

こうしてブログを書きながらも

お問い合せのお電話がかかってきて

ますます緊張はMAX状態(笑)

こわばった表情で会場に立っていたら

お許しくださいねσ(^-^;)

Toda's Designが創る“ヨーロッパ漆喰の家”完成見学会

1月17日(土)・18日(日) pm1:00~pm4:00

会場がわかりにくい場合は、事務所まで

ご連絡くださいね(*^-^)b

みなさまのお越しをお待ちしております。。。

|

ココだけの“ひ・み・つ”。。。

ここ北区も先週末よりすっかり冷え込んできて

寒いのが苦手な私は出来得る限りの防寒対策で

今日もせっせとお仕事してます。。。(笑)

でも蓄熱暖房機のおかげで事務所の中は

ほんわかと温かいのですが外を見ると雪がちらほら。。。

見ているだけで背中がゾクゾクしてきますね{{(>_<)}}

先週末に降ったのが今年の初雪だったのかな?

例年より少し早いような気がしますが来週にでも

冬タイヤに履き替えた方が良さそうなので

さっそく予約しておきました!

そんな寒い中でも現場スタッフの頑張りで

どこの現場も順調に進んでいるようです(*^-^*)

【星和台の家】では特注で作っていただいた

アイアン製の柵や手摺りが取り付けられて

とっても恰好よく仕上がってきました!

Iron1 

階段を上ってくるとこんな風に見えて

ステキなんですよ(*^-^)b

Iron2

天窓から降り注ぐ光で、とても明るいです☆

あと、ココだけの“ひ・み・つ”なのですが

今回のお家には洗面化粧室のカウンターに

特別な“仕掛け”を作っちゃいました(^m^)

Secret

女性の方ならピンとくるかな??

洗面カウンターのトップにメイク用品も収納できる

プチ・ドレッサーを作ってもらったんですよ♪

私だけかもしれませんがメイクをしているときに

手やパフなどのメイク道具を洗う機会が多くて

洗面台の近くにあると、きっと便利だろうな。。。

なんて思い付きを今回カタチにしてもらいました(*^-^)b

普段は、フタを閉じていればカウンターの上も

すっきりと片付くので、いいアイデアだと思いませんか??

戸田工務店の家創りは毎日の生活の中で感じたことを

ヒントに日々進化しながら創られていきます!

今では普通になった通り抜けのできるシューズ・クロークも

そんな「あったらいいな!」の代表ですよね(*^-^*)

さて次は、どんなアイデアが採用されるのでしょうか。。。

アンテナをひろげてもっともっと今以上に

楽しい家創りをしていきたいです♪

|

Do it myself!。。。

今日は先週の続きのお話し。。。

戸田工務店がなぜ自社施工にこだわっているのかを

またまた熱~く(笑)語らせていただきますね(*^-^*)

弊社では建築に携わってきた46年という歴史ももちろんですが

なによりも培ってきた技術に自信を持っています!

よくリフォームやリノベーション工事の

ご依頼をお請けしていますが既存のものを

活かしながら今以上に生活の利便性やデザインなどを

考え施工していくのには新築を建てる以上に

経験や知識、そして技術が必要となります(*^-^)b

既存の建物がどんな構造で建っているのか

「木造なのか」「RC構造なのか」などによっても

施工方法に違いがありますし見えない部分を

見極めて出来得る最良の方法を見つけるのにも

豊富な経験や知識が現場では問われます!

自社で施工することのメリットは

工事を請け負った会社が直接、施工・監理することで

① プランの段階から自分の想いを
  直接伝えることができる

② いろいろな提案をしてもらえる

③ 住み始めてからトラブルが起きた時に
  素早く対応してもらえる

④ 責任の所在が明確である

⑤ 中間マージンなどの余分な費用が発生しない

などがあげられると思います!

ただ残念なことに建築業者を選ぶ基準に

ハウスメーカーなどのネームバリューや

営業マンの人柄、デザイン、性能などが優先されがちで

『自社施工かどうか』を重視される方が

限られているのが本当に残念です。。。

メーカーさんと契約されても実際に施工するのは

下請けの業者や工務店であったりすることが多く

自社で施工できる大工を抱えている工務店や建築店が

意外と少ないのが現状なのです。

もちろん弊社でも全てを自社施工している訳ではなく

基礎工事や水道配管・ガス工事・電気配線工事など

専門技術を要する工事は、その専門の業者さんに

依頼していますが現場には常に自社の現場監督や

大工がいるため「現場監理」の面でもお施主さまには

ご安心いただけることが一番のメリットかもしれませんね(*^-^*)

Craftsman1 Crafftsman2

昨日も【星和台3丁目の家】のキッチンの床の

タイルを現場監督が割り付けして貼っていました!

こだわりの仕様はこうして毎日創られているんですよ♪

『Do it myself!自分自身でやる!』

戸田工務店の精神がココにもありますo(^-^)o

|

ヨーロッパ漆喰へのこだわり。。。

今日は戸田工務店が施工しているヨーロッパ漆喰の

ことについてのお話しを少し。。。

ヨーロッパ漆喰の一番の特長と言えばその質感♪

Plaster4 Plaster2 Plaster3_2

漆喰独特のこの質感を創り上げるのには

腕のいい左官職人の皆さんの技術が絶対に欠かせません(*^-^)b

先日のFacebookにも書いたように

漆喰は生き物だという職人さんたちの言葉に

左官職人としてのプロの心意気を感じますよね(*^-^*)

そして、もうひとつの特長は、「漆喰を厚く塗るということ!」

この独特のパターンやテクスチャーを描くためには

漆喰の塗る厚みが大きく関係してきます。

もちろん厚く塗ることで漆喰のもつ調湿効果が

より高く発揮されるのは言うまでもありません!

「お風呂上りに身体をティッシュで拭くか

 バスタオルで拭くかというほどの違いがある!」

謳っている弊社のヨーロッパ漆喰壁の断面を見てみると

塗られている漆喰の厚みは、ご覧の通りです↓

Europe_plaster_2

拡大した写真のスケールは約5mmの目盛りを指しています。

この壁の断面は、弊社の新築したお家のひと部屋を

防音室に改装する際に解体された実物の壁の欠片です。

Europe_plaster_1

1mmにも満たないビニールクロス等と比べてみると

その性能の違いがわかっていただけるのでは

ないでしょうか(*^-^*)

これだけの厚みがあると北区特有の冬の不快な

結露対策もバッチリですよね(*^-^)b

内壁は、これだけの厚みがありますが

外壁では、もっと厚みをもたせて塗っています!

(職人さんに聞いてみると外壁は約8mm前後の厚みだということです)

さすがに外壁を剥がす工事はしていないので(笑)

実物をお見せすることができないのが残念です。。。

漆喰とひとことで言っても本当にたくさんの種類があって

私たちも初めて選ぶ時は色々と試行錯誤しました(^-^;

他の漆喰が良いとか悪いとかいうことではなく

私たちが何にこだわり、このヨーロッパ漆喰を

選んで採用しているのかという理由がここあることを

ご理解いただければ嬉しいです(*^-^*)

|

より以前の記事一覧