分譲住宅

Toda's Designのつくる家。。。

Toda's Designの『ヨーロッパ漆喰・やさしい壁の家』

Den

東大池のお家の2Fにあるオーダーメイドの

アイアンのフェンスがDENスペースを彩っています♪

ヨーロッパ漆喰の家と相性のいいアイアン製品

もちろんお家の中のあちらこちらにもあって

Japanese_style_room

和室スペースのスタディ・コーナーや

Kitchen

キッチンの吊り棚にも採用されています♡

その他にも階段の手すりやタオル掛け、

トイレのペーパーホルダーなどの小物たちも

漆喰の家に彩りを添えてくれています(*^-^*)

私たちが今、想い描いているベストなカタチを

私たちのチカラでつくりあげていくこと。。。

それは、とても楽しい作業で、やりがいのある仕事です!

想いを込めて建てたお家。。。

これがToda's Designのつくる家です(#^-^#)

大切に住んでいただけることを願ってやみません☆

|

『照明器具』選び。。。

久しぶりに『照明器具』のお話しを。。。

私たちがつくっているお家には、いつもたくさんの

『照明器具』が使われています。

基本的には、居室以外の照明器具はすべて

ご予算の中に入っているので私たちが取引きしている

メーカーさんより、お客さまのイメージに合うものを

選んでいただいています(*^-^*)

メインとなる照明器具と合わせてダウンライトと呼ばれる

天井に埋め込まれたタイプのものまで

その種類と取付け位置をお考えいただきます。

照明器具の種類といっても「シャンデリア」「ペンダントライト」

「ブラケット」「スポットライト」「ダウンライト」など

たくさんあります。その中から取り付ける場所に

合ったものを探すのは、とても大変な作業になりますが

私たちがお手伝いさせていただきますのでどうぞご安心ください♡

小さいけれど、とても存在感のある照明器具たちは

お部屋の印象を大きく左右する名わき役です!

Light

見ているだけでココロがほっこりしたり。。。癒されたり。。。

毎日の暮らしが、ますます豊かになるように

一緒に楽しく選んでいきましょう(#^-^#)

今日は、【広陵町3丁目の家】の照明器具取付の日です!

私たちが選んだ照明が、どんな灯りを燈すのか楽しみです♪

|

MADE IN FRANCE。。。

Koryo3

【広陵町3丁目の家】の足場がはずれました!

造作で仕上げた木製のよろい戸や下屋を支える頬杖が

アクセントになっていて、とってもいい感じに仕上がっています。

今回の『ヨーロッパ漆喰の家』は、床材にもこだわっていて

フランス産のボルドーパインを使用しています(*^-^)b

Bordeaux_pine_1

現場は、まだ養生がかけてあるので画像を

お見せすることができないのが残念なのですが

自然塗料のアンティークブラウンで塗られた

幅広の無垢床は、新しいのになぜか懐かしく感じるような

味わいのある床になりました!

これが塗布する前のボルドーパインです↓

Bordeaux_pine_2

パイン材の中でもボルドーパインは野趣を感じるような

はっきりとした節目が特徴です。

幅広で厚みのある一枚板は、やはり存在感が違いますよね!

木は成長する間に寒い冬や暑い夏を越えて

年輪をつくっていき、それが「木目」になります。

その幹から生えた小さな枝を枝打ちすることで

「節」ができるのです。

木目や節は、この木が生きてきた証拠なんですよね(*^-^*)

時が育ててきた世界にたったひとつしかない無垢の木を

肌で感じながら暮らせること。。。本当に羨ましいです(^m^)

フランス産のボルドーパインに憧れているわたしです♡

|

presentaton。。。

今週、無事に【東大池3丁目の家】の足場が外れ

真っ白なヨーロッパ漆喰の外壁がお披露目しました!

Higashiooike

足場が取れると、太陽の光を浴びて

漆喰の白さがより感じられるんですよね(*^-^*)

青空に白い壁が映えてとても美しいです!

今月も恒例の研修会へ社長が出向き

同じヨーロッパ漆喰の家を創っている仲間たちの

お家を見学させていただきました。

Institute

たくさんの学びやひらめきを得て帰ってきた社長。

次は、どんな家を創っていこうかと

サクラの季節に負けないくらい社内でも

話に花が咲いています(*^ー^)

来月は、いよいよ【広陵町3丁目の家】の着工です!

素敵な家になるようにアイデアを

いっぱい詰め込んで創っていきますね♪

【 presentation : 披露 】

|

Do it myself!。。。

今日は先週の続きのお話し。。。

戸田工務店がなぜ自社施工にこだわっているのかを

またまた熱~く(笑)語らせていただきますね(*^-^*)

弊社では建築に携わってきた46年という歴史ももちろんですが

なによりも培ってきた技術に自信を持っています!

よくリフォームやリノベーション工事の

ご依頼をお請けしていますが既存のものを

活かしながら今以上に生活の利便性やデザインなどを

考え施工していくのには新築を建てる以上に

経験や知識、そして技術が必要となります(*^-^)b

既存の建物がどんな構造で建っているのか

「木造なのか」「RC構造なのか」などによっても

施工方法に違いがありますし見えない部分を

見極めて出来得る最良の方法を見つけるのにも

豊富な経験や知識が現場では問われます!

自社で施工することのメリットは

工事を請け負った会社が直接、施工・監理することで

① プランの段階から自分の想いを
  直接伝えることができる

② いろいろな提案をしてもらえる

③ 住み始めてからトラブルが起きた時に
  素早く対応してもらえる

④ 責任の所在が明確である

⑤ 中間マージンなどの余分な費用が発生しない

などがあげられると思います!

ただ残念なことに建築業者を選ぶ基準に

ハウスメーカーなどのネームバリューや

営業マンの人柄、デザイン、性能などが優先されがちで

『自社施工かどうか』を重視される方が

限られているのが本当に残念です。。。

メーカーさんと契約されても実際に施工するのは

下請けの業者や工務店であったりすることが多く

自社で施工できる大工を抱えている工務店や建築店が

意外と少ないのが現状なのです。

もちろん弊社でも全てを自社施工している訳ではなく

基礎工事や水道配管・ガス工事・電気配線工事など

専門技術を要する工事は、その専門の業者さんに

依頼していますが現場には常に自社の現場監督や

大工がいるため「現場監理」の面でもお施主さまには

ご安心いただけることが一番のメリットかもしれませんね(*^-^*)

Craftsman1 Crafftsman2

昨日も【星和台3丁目の家】のキッチンの床の

タイルを現場監督が割り付けして貼っていました!

こだわりの仕様はこうして毎日創られているんですよ♪

『Do it myself!自分自身でやる!』

戸田工務店の精神がココにもありますo(^-^)o

|

ヨーロッパ漆喰へのこだわり。。。

今日は戸田工務店が施工しているヨーロッパ漆喰の

ことについてのお話しを少し。。。

ヨーロッパ漆喰の一番の特長と言えばその質感♪

Plaster4 Plaster2 Plaster3_2

漆喰独特のこの質感を創り上げるのには

腕のいい左官職人の皆さんの技術が絶対に欠かせません(*^-^)b

先日のFacebookにも書いたように

漆喰は生き物だという職人さんたちの言葉に

左官職人としてのプロの心意気を感じますよね(*^-^*)

そして、もうひとつの特長は、「漆喰を厚く塗るということ!」

この独特のパターンやテクスチャーを描くためには

漆喰の塗る厚みが大きく関係してきます。

もちろん厚く塗ることで漆喰のもつ調湿効果が

より高く発揮されるのは言うまでもありません!

「お風呂上りに身体をティッシュで拭くか

 バスタオルで拭くかというほどの違いがある!」

謳っている弊社のヨーロッパ漆喰壁の断面を見てみると

塗られている漆喰の厚みは、ご覧の通りです↓

Europe_plaster_2

拡大した写真のスケールは約5mmの目盛りを指しています。

この壁の断面は、弊社の新築したお家のひと部屋を

防音室に改装する際に解体された実物の壁の欠片です。

Europe_plaster_1

1mmにも満たないビニールクロス等と比べてみると

その性能の違いがわかっていただけるのでは

ないでしょうか(*^-^*)

これだけの厚みがあると北区特有の冬の不快な

結露対策もバッチリですよね(*^-^)b

内壁は、これだけの厚みがありますが

外壁では、もっと厚みをもたせて塗っています!

(職人さんに聞いてみると外壁は約8mm前後の厚みだということです)

さすがに外壁を剥がす工事はしていないので(笑)

実物をお見せすることができないのが残念です。。。

漆喰とひとことで言っても本当にたくさんの種類があって

私たちも初めて選ぶ時は色々と試行錯誤しました(^-^;

他の漆喰が良いとか悪いとかいうことではなく

私たちが何にこだわり、このヨーロッパ漆喰を

選んで採用しているのかという理由がここあることを

ご理解いただければ嬉しいです(*^-^*)

|

惚れ惚れしちゃってます。。。

今週、【星和台3丁目の家】の外壁の漆喰工事が

無事終わったので見に行ってきました!

S3

まだ足場が残っているのですが

ヨーロッパ漆喰の白さが入ると見違えるように

明るくなりましたよ(*^-^)b

今回は、間口の広い敷地だったので

どうしても建ててみたかったこのカタチのお家に♡

現場前の公園から眺めて惚れ惚れしちゃってました(笑)

写真は夕方に撮ったので少し暗いのですが

実物は、とっても素敵に仕上がっていますよ♪

中は、まだまだ工事が進行中。。。

その中で見つけた私の一番のお気に入りはコチラ↓

S2


2Fの主寝室にある書斎スペースとW・I・Cへ

つながる“R”が重なった通路。。。

この場所に漆喰が塗られると、

またまた素敵に変身するんだろうな♡♡♡

なんて、ついつい妄想してしまいます(^m^)(笑)

いつものように窓の位置などを工夫しているので

本当に明るいお家になりました!

来週には足場が外れるので外観の全貌を

お見せできるかな(*^-^*)

楽しみにしていてくださいね~♪

大きな台風が近づいてきているので

みなさま、どうかお気をつけくださいね。。。

|

アンティーク・スライスブリック。。。

戸田工務店が建てるヨーロッパ漆喰のお家には

欠かせないタイルたち。。。

そのサンプルが続々と事務所に届き始めました!

サンプルを取り寄せるまでに色々と調べて

どんなタイルが合うのかスタッフで話し合います。

中でも今回の目玉(笑)タイルはコチラ↓

Tile_1

ヨーロッパの『アンティーク・スライスブリック』

何世紀も経た家屋の解体工事の際に取れた

本物のアンティークレンガをスライスしたタイルです!

モルタルやペンキ跡が残っていて素敵な雰囲気が出ています。

カタログで見るよりも実物がイメージ通りだったので、

即採用決定です!

今、建てている【星和台の家】のどこかに使う予定なので

楽しみにしていてくださいね♪

Tile_3

Tile_2

キッチンの床や玄関の土間部分にイメージしているものも

揃ってきたので、またたくさん悩んで決めたいと思います!

Seiwadai_3

星和台3丁目の『松の前公園』から見た【星和台の家】

まだ下地のグレー色ですが再来週から外壁の漆喰工事が

始まるので、今月中にはヨーロッパ漆喰の真っ白な

お家に変身です♡漆喰が塗られると見違えるように

変わるので私たちも楽しみです(*^-^)

|

【星和台の家】着工しました。。。

7月も後半に入り、夏休みに突入ですね。。。

まだ梅雨明けしていない関西ですが

どんどん上がっていく気温に夏を感じています!

夏の予定は、まだ決まっていませんが

いい夏になる予感が。。。(^m^)

先週から基礎工事が始まった【星和台の家】

出来上がりのイメージは、こんな感じです↓

Seiwadai_4_2

並んだ組子の上げ下げ窓がとっても可愛くないですか(*^-^*)

今回は、このカタチにこだわり間取りを考えました!

月末には建て方を予定しているので

どんなお家になるのか本当に楽しみです♪

素敵な『ヨーロッパ漆喰のお家』に仕上がるよう

がんばりますねo(^-^)o

先日プチリフォームを終えた事務所も

漆喰のおかげでとっても居心地がいいです♪

事務所は、もともとクロス貼りだったのですが

このヨーロッパ漆喰はクロスの上からでも

塗ることが可能なのでリフォームにもおすすめなんですよ!

お家の中でも一番長い時間を過ごすLDKだけ

ヨーロッパ漆喰を塗ることだって可能です(*^-^)b

ヨーロッパ漆喰に興味がある方は、ぜひご相談くださいね(*^-^*)

|

“暑い”けど“厚く”。。。

気温が急に暑くなって、まるで夏が来たみたいですね(^-^;

慌てて事務所の扇風機を掃除して

夏の準備に取り掛かりました!

気がつけば明日から6月。。。衣替えの季節ですo(^-^)o

今週から【筑紫が丘の家】では、お家の中の

ヨーロッパ漆喰の工事が始まっています!

今日から上塗り工事なのでお家の壁が

どんどん真っ白に。。。

Plaster

“厚く”塗られたヨーロッパ漆喰の独特の質感と

テクスチャーは、何度見ても見飽きることはありませんね(^m^)♪

左官職人の皆さんが“暑い”中、丁寧に

仕上げてくださっていて本当にありがとうございますm(__)m

私も現場に行って皆さんの“神ワザ”を

見ていたいのですがお邪魔になっては、いけないので

現場監督さんに写真を送ってもらいました!

Craftsman

来週の半ばには、漆喰の工程が終わる予定です。

ヨーロッパ漆喰の壁が塗り終わると

お家が見違えるように変わるので本当に楽しみです♪

竣工後には見学会も予定していますので

ぜひ漆喰の質感、そして香りを感じてみてくださいね(*^-^*)

|

より以前の記事一覧