« 届け!「真心」。。。 | トップページ | secret base。。。 »

MADE IN FRANCE。。。

Koryo3

【広陵町3丁目の家】の足場がはずれました!

造作で仕上げた木製のよろい戸や下屋を支える頬杖が

アクセントになっていて、とってもいい感じに仕上がっています。

今回の『ヨーロッパ漆喰の家』は、床材にもこだわっていて

フランス産のボルドーパインを使用しています(*^-^)b

Bordeaux_pine_1

現場は、まだ養生がかけてあるので画像を

お見せすることができないのが残念なのですが

自然塗料のアンティークブラウンで塗られた

幅広の無垢床は、新しいのになぜか懐かしく感じるような

味わいのある床になりました!

これが塗布する前のボルドーパインです↓

Bordeaux_pine_2

パイン材の中でもボルドーパインは野趣を感じるような

はっきりとした節目が特徴です。

幅広で厚みのある一枚板は、やはり存在感が違いますよね!

木は成長する間に寒い冬や暑い夏を越えて

年輪をつくっていき、それが「木目」になります。

その幹から生えた小さな枝を枝打ちすることで

「節」ができるのです。

木目や節は、この木が生きてきた証拠なんですよね(*^-^*)

時が育ててきた世界にたったひとつしかない無垢の木を

肌で感じながら暮らせること。。。本当に羨ましいです(^m^)

フランス産のボルドーパインに憧れているわたしです♡

|

« 届け!「真心」。。。 | トップページ | secret base。。。 »

新築工事」カテゴリの記事

分譲住宅」カテゴリの記事

戸田工務店が建てる家」カテゴリの記事