« 憧れのGable roof。。。 | トップページ | 窓辺のディスプレイ。。。 »

ヨーロッパ漆喰へのこだわり。。。

今日は戸田工務店が施工しているヨーロッパ漆喰の

ことについてのお話しを少し。。。

ヨーロッパ漆喰の一番の特長と言えばその質感♪

Plaster4 Plaster2 Plaster3_2

漆喰独特のこの質感を創り上げるのには

腕のいい左官職人の皆さんの技術が絶対に欠かせません(*^-^)b

先日のFacebookにも書いたように

漆喰は生き物だという職人さんたちの言葉に

左官職人としてのプロの心意気を感じますよね(*^-^*)

そして、もうひとつの特長は、「漆喰を厚く塗るということ!」

この独特のパターンやテクスチャーを描くためには

漆喰の塗る厚みが大きく関係してきます。

もちろん厚く塗ることで漆喰のもつ調湿効果が

より高く発揮されるのは言うまでもありません!

「お風呂上りに身体をティッシュで拭くか

 バスタオルで拭くかというほどの違いがある!」

謳っている弊社のヨーロッパ漆喰壁の断面を見てみると

塗られている漆喰の厚みは、ご覧の通りです↓

Europe_plaster_2

拡大した写真のスケールは約5mmの目盛りを指しています。

この壁の断面は、弊社の新築したお家のひと部屋を

防音室に改装する際に解体された実物の壁の欠片です。

Europe_plaster_1

1mmにも満たないビニールクロス等と比べてみると

その性能の違いがわかっていただけるのでは

ないでしょうか(*^-^*)

これだけの厚みがあると北区特有の冬の不快な

結露対策もバッチリですよね(*^-^)b

内壁は、これだけの厚みがありますが

外壁では、もっと厚みをもたせて塗っています!

(職人さんに聞いてみると外壁は約8mm前後の厚みだということです)

さすがに外壁を剥がす工事はしていないので(笑)

実物をお見せすることができないのが残念です。。。

漆喰とひとことで言っても本当にたくさんの種類があって

私たちも初めて選ぶ時は色々と試行錯誤しました(^-^;

他の漆喰が良いとか悪いとかいうことではなく

私たちが何にこだわり、このヨーロッパ漆喰を

選んで採用しているのかという理由がここあることを

ご理解いただければ嬉しいです(*^-^*)

|

« 憧れのGable roof。。。 | トップページ | 窓辺のディスプレイ。。。 »

新築工事」カテゴリの記事

分譲住宅」カテゴリの記事

戸田工務店が建てる家」カテゴリの記事